読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スラっとLife

スラっと愉しい人生を送るための、最新ニュースや口コミ、話題のアイテムをご紹介するブログです。

はてなブログのFlickr利用は商用OK?CCライセンスを正しく理解していないなら、これを機会に見直してみませんか?

ブログ運営

http://www.flickr.com/photos/60281550@N00/2271154446
photo by poolie

Flickrは、はてなブログの記事内にイメージ写真を挿入するのに非常に便利な機能です。すでにこの機能を活用されている方も多いはず。しかし、はてなブログでお小遣い程度でも副業をされている方はFlickrの使用には気をつけたほうが良さそう。今回は、はてなブログ運営者が知っておくべき「FlickrのCCライセンス」について解説していきます。

はてなブログで貼り付けられる写真は、Flickr内「CCライセンス」の画像。

はてなブログのFlickr貼り付け機能は、英単語を入力するだけで世界中で撮影された写真が数多く出てきます。ブログ記事内容に合わせてイメージ写真を選べるので、非常に重宝する存在ではあります。

しかし、はてなブログ開発ブログで書かれているように、

本機能では、Flickrに投稿された画像のうち、CCライセンスのものすべてを対象にキーワード検索しています。

と検索結果は「CCライセンス」の写真が選べるようになっているのです。

CCライセンスとは?

http://www.flickr.com/photos/13663835@N08/2865834995
photo by foko_madagascar

では、CCライセンスとはどのようなものなのでしょうか?creative commons JAPANによると、

著作権の中間領域を定義するCCライセンスは、“Some rights reserved”、つまり限定された権利のみを主張するライセンス形式を提案しているのです。*1

とのこと。

CCライセンスは主に4種類。

具体的にCCライセンスの種類は4種類。その種類を簡潔に解説すると、以下の通りです。

表示 作品の著作権者・原作者などの名前を表示する。
非営利 営利目的では利用しない。
改変禁止 元の作品を改変しない。
継承 元の作品と同様のCCライセンスで公開する。

この4種類のライセンスは、自分の作品が流通した時にどのように扱って欲しいのかという意思表示をすることが出来、自分が適切だと思う組み合わせを作ることが出来ます。

組み合わせを考えると、CCライセンスは6種類。

その組み合わせは全部で6通り。上から、規制が軽い順番にしてあります。

  1. 表示
  2. 表示—継承
  3. 表示—改変禁止
  4. 表示—非営利
  5. 表示—非営利—継承
  6. 表示—非営利—改変禁止

いかがだったでしょうか。つまり、CCライセンスの写真の中には非営利でしか使ってはいけない写真も混合している、ということになります。

何が営利で何が営利ではないのか?

「非営利」という文言の定義が気になったので、調べてみると、creative commons JAPANに回答が載っていました。

何が「営利」で何が「非営利」かは、最終的には裁判所の解釈によって定まりますので、残念ながらクリエイティブ・コモンズ・ジャパンではお答えすることができません。たとえば、対価をとって販売し利益を得ている場合には、営利活動といえるでしょう。また、NPO法人やボランティア団体、学校法人などが何らの収入を得ずに行っている利用は、非営利といえるでしょう。*2

本家でもその国の裁判所に判断を委ねている状態なので、厳密に個人で収益化しているのが「営利」かの判断は難しそうです。しかし、少しでも心配を減らすのであれば、「非営利」を選んでいる写真を使うのは避けたほうが良さそうです。

はてなブログ開発側でのCCライセンスへの対応は?

http://www.flickr.com/photos/47110204@N07/16121140314
photo by xxxkurosukexxx

はてなブログ開発側は、

CCライセンスを構成する各条件(表示、非営利、改変禁止、継承)については、実際に貼り付けられる画像のページで確認してください。*3

としていることから、収益性のあるブログ記事へFlickrを使用するときには、あなたがブログ内で使用した写真が「非営利」かどうか、ライセンスをしっかり確認する必要があります。もしCCライセンスを意識しないでFlickrを利用していた方は、ぜひこの機会に見直してみてくださいね。

以上、「はてなブログのFlickr利用は商用OK?」という記事でした。