読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スラっとLife

スラっと愉しい人生を送るための、最新ニュースや口コミ、話題のアイテムをご紹介するブログです。

GW明けの5月病を予防する3つのポイント!生活リズム改善・リラックス法・食事など、自分に合った方法で5月病を乗り切りましょう。

仕事 日常生活の豆知識

http://www.flickr.com/photos/34530295@N06/14311923655
photo by Yoshikazu TAKADA

今日からゴールデンウォークという方も多いと思います。新生活に少しずつ慣れてきて、ようやく一息つける貴重なお休みですね。しかし、GWに羽目を外しすぎると、5月病で辛くなってしまうかも。

今回は5月病にまつわる豆知識と予防方法をまとめてみました。

5月病とは?

http://www.flickr.com/photos/29561334@N04/5233928419
photo by mislav-m

まず5月病の定義を見てみましょう。

新年度の4月には入学や就職、異動、一人暮らしなど新しい環境への期待があり、やる気があるものの、その環境に適応できないでいると人によってはうつ病に似た症状がしばしば5月のゴールデンウィーク明け頃から起こることが多いためこの名称がある。*1

5月病って変わった名前だとは思っていましたが、正式な病名ではなく俗称なんですね。新人研修などが終わる時期は大体5月末なので、もしかすると研修終わりに5月病の症状が出る方もいらっしゃるかもしれません。

5月病の症状は?

http://www.flickr.com/photos/38991571@N00/14048219570
photo by 藍川芥 aikawake

では、5月病の症状ってどんな感じなのでしょうか?

精神面:やる気が出ない、何をするのもおっくう、なんとなく気持ちが落ち込んでいる、イライラする、興味や関心がわいてこない、不安や焦燥感があるなど

身体的:よく眠れない、途中で目が覚める、朝起きられない、いくら寝ても疲れがとれない、食欲がない、頭痛や腹痛がするなど

行動面:お酒やタバコの量が増える、つい食べすぎる、刺激物を好むようになるなど*2

どれもこれも、日常的に疲れを感じている方にとっては、普段とあまり変わらない症状のようにも見えますね。ただし、

五月病もほとんどの場合は一時的なスランプ状態で、なるべく休養を取るようにすれば自然と元に戻ります。しかし、時には五月病らしき症状が悪化してしまい、本格的な「適応障害」や「うつ病」を発症してしまうこともあります。*3

と言われるように、5月病のような症状がすぐに治れば良いのですが、長引いた場合はお医者さんに診てもらった方が良さそうです。では、そうならないためにも、5月病の予防法をまとめてみましょう。

1:生活リズムをなるべく崩さずに。

http://www.flickr.com/photos/105144895@N07/10227793326
photo by Cesar's iPhoneography

では、5月病の予防法はあるのでしょうか?JTSCセンター長の鈴森剛志さんによると、

連休後半は昼夜逆転とならずに、午前中に起きて身体に「そろそろ学校ですよ」ということを思い出させてください。

なるほど。たしかに4月からの新しい環境でたまったストレスを抜こうと、ついつい遊びすぎてしまったり、生活リズムが崩れがちになってしまったりします。生活リズムが崩れたまま、連休明けに学校や会社へ行っても、すぐには元には戻らないんですね。

自分の生活リズムをなるべく崩さないことが、5月病予防の秘訣のようです。

さらに学校や職場へ行きながら、生活リズムを徐々に戻していく。

http://www.flickr.com/photos/50902562@N00/8440033271
photo by kawanet

さらに、

連休明けからの登校は、ちょっとキツイかもしれませんが、段々調子が戻ってきます。身体のダルさや気分の落ち込みがあったら、「ちょっと五月病かな?」と考えて、学校を休むのではなく無理しない程度に学校で過ごしてください。*4

とのことです。「やっぱり調子が戻らない」と思って休んでしまうと、さらに連休前のリズムが取り戻せなくなるということなんですね。これは学生さんに限ったことでなく、大人も一緒だと思うので、5月病にかかったかな?と思ったら実践してみてくださいね。

2:生活に自分なりの"リラックス"を取り入れて。

http://www.flickr.com/photos/49703021@N00/5603681683
photo by anieto2k

簡野晃次医師監修の「五月病」や「軽症うつ』を乗り切ろうによると、リラックス方法は以下のような方法が考えられるそうです。*5

●趣味やスポーツでストレスを解消
●たっぷり寝る
●ゆっくりお風呂に入る
●好きな音楽を聞く
●アロマテラピーでリラックスする
●映画や絵画展、コンサート、小旅行などに出かけて気分転換を図る
●新しい目標を見つける
●友人や先輩などに、話を聞いてもらう

という方法があるようです。何もやる気が起きない時は、そんな自分を受け入れて、自分がリラックス出来ることから始めてみるのがいいのかもしれませんね。

3:"長寿ホルモン"で乗り切る。

http://www.flickr.com/photos/38476503@N08/4820896403
photo by CIAT International Center for Tropical Agriculture

シニア野菜ソムリエの丸田さんによれば、食事面から「長寿ホルモン」や「若返りホルモン」とも呼ばれる「DHEA」に注目してみるのも5月病の予防になるそうです。

このホルモンは、

脳に働きかけて、うつ病改善、やる気アップ、さらにはアルツハイマーを予防することでも知られています。*6

とのことなので、大注目ですね。5月病に食事で予防するというのは初めて聞いたので驚きです。丸田さんオススメのレシピは、

  • 納豆
  • イワシ
  • アボカド
  • 緑黄色野菜
  • 山芋(トロロ)

を使った料理とのこと。ネバネバ系食材多めですね。「納豆アボガド」とか山芋を千切りにして納豆と和えるとかであれば手軽に作れそう。

羽目を外し過ぎず、楽しいゴールデンウィークを!

http://www.flickr.com/photos/10245245@N07/13934543202
photo by Tom.Bricker

GWは始まったばかり。これからたくさんの予定が入っていらっしゃる方も多いかと思います。でも、あまり羽目を外しすぎるとGWが終わってからが辛いかも。食生活や生活リズムに気をつけながら、5月病予防しつつ、GWを楽しんでくださいね。

えんじょーい!