読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スラっとLife

スラっと愉しい人生を送るための、最新ニュースや口コミ、話題のアイテムをご紹介するブログです。

地震に備える防災グッズ31選!生理用品・飲料水・サランラップなど、地震対策リストを万全にして地震に備えましょう。

旬な話題 日常生活の豆知識

http://www.flickr.com/photos/94802649@N00/1113664739
*1

イルカが多数漂着し、明日にも地震が来るのでは?と噂している人もいらっしゃるかと思います。*2

しかし、地震はいつ来るか分からないもの。地震が起きた時のために、地震対策はしっかりしておきたいところですよね。今日は「今からでも出来る地震対策」をまとめてみました。

非常時に必要な物まとめ。

http://www.flickr.com/photos/80012693@N00/5525371912
photo by aka.me

まず、「非常時に必要なもの」と言っても多すぎて何を優先すれば良いのか迷いますよね。

そんな時は、東京消防庁で推奨されている、下記のように大きく3つに分けて考えてみてはいかがでしょうか。

  1. 非常時に持ち出すためのもの。
  2. 被災後・避難後のための備蓄品。
  3. 家屋倒壊や火災に備える品物。

これを整理せず、ひとまとめに用意してしまうと、せっかく物はあっても役に立たない!なんて事態になる可能性も。

被災した状況に合った物を、必要な場所に用意しておきましょう。

1:非常時に持ち出すための物

非常時はとにかく身軽に動けることが最優先。そこで、非常持ち出し袋(リュックサック)に避難の時の必需品を詰めて、両手が使えるようにしましょう。

非常持ち出し袋をチェック

先ほども書いた東京消防庁に記載されている用品を参考に、私が東日本大震災で「あったら良かった」と思って実際に非常用袋に入れているものをリスト化しました。

これが正解というものはありませんが、自分の体調や環境を考えて、参考にしてみてくださいね。(リスト右は私のメモ書きなので、こちらも参考まで。)

飲料水 水は優先。ただし、背負えるだけの重さで。
携帯ラジオ 情報入手のため。
救助を要請したいときに。
軍手・手袋 軍手があれば、冬の寒さを少し和らげたり、手を保護したりすることができます。
衣服 重ね着できる服を。
枕元に履きなれた靴を置いておくのが良いけど、それは仰々しいという場合は、履き慣れているヒールのない靴を袋に入れておきましょう。
貴重品 緊急時にお財布を持っているとは限らないので、非常用袋にも。
食料品 日持ちするものを中心に。ただし、賞味期限が過ぎていないか、こまめにチェックを。
ビニール袋/サランラップ 節水のため食器にかけたり、
生理ナプキン 先日の熊本地震でも問題になりましたが、生理になったらナプキンは必須。布ナプキンは水がないとどうしようもないので、水が足りない可能性を考えると何個かは入れておきたいところです。
ウェットティッシュ 断水した時に衛生状態を保つために。
マッチ・ライター 最近はチャッカマンが多いかも。
懐中電灯 夜に灯りがないと見えないというのはもちろん、光があるとホッとします。SOSにも。
救急セット 災害時に無傷でなかった「もしも」の時に。
筆記用具 ペン・メモ帳。
雨具 どんな天候で被災するかわからないので。
熊本地震で分かった「生理用ナプキン」の理解度。

個人的には、「生理ナプキン」の大切さは声を大にして言いたいところ。先日の熊本地震で大問題になったのは記憶に新しいところです。体験できないものを理解しろってのはなかなか難しいと思うので、女性側がしっかり備えておく必要があると思います。

(もちろん、男性の理解が進むことを望みたいところではありますが。。)

そうやって色々考えていくと品数が多くなり始めてしまいますが、多すぎると背負って逃げるのが困難になるので、持ち出す物は最低限にしましょう。

自分の家族構成にあわせて、非常用袋を用意。

今から全て1つ1つ用意して、ひとまとめにするのは難しいと思われる方は、最寄りの無印良品やホームセンターに行けば、防災袋セットが置いてあったりします。

今すぐに注文したいという方にはオンライン購入すれば、最短で翌日には届けてくれるので選択肢に入れても良いかもしれません。

こちらは1人用。不安だから家族分まとめて買いたいという方もいらっしゃるかと思います。

そんな場合は、上記のように大容量もあります。探してみると、必要最低限のものをまとめてくれているので、手間が省けます。その上で、ご自分の生活スタイルや地域によって必要なものをご自分の判断で追加すれば、自分専用の非常用袋が完成です。

2:被災後・避難後のための備蓄品

http://www.flickr.com/photos/10506540@N07/5233546650
photo by stevendepolo

地震が起きた後、生活を支えるために必要な食料品などは1人あたり3日分程度備蓄しておくのが良いとされています。地震後、どのような状況下に置かれるかで必要なものは変わってきますので、パターン別に考えてみました。

断水が起こった場合に備える。
  1. 飲料水(1人2〜3リットル/日)
  2. ビニール袋・サランラップ
  3. ウェットティッシュ
  4. 紙コップ・紙皿

断水で最も困るのは、飲み水だけでなく生活用水が使えなくなること。具体的には、お皿を洗う水やお風呂に入る水が足りなくなることが考えられるので、そのあたりを節水できるような工夫が必要です。私の知り合いはウォーターサーバーで飲料水を確保しているから安心だと言っていました。

家が倒壊せず、被災後に自宅で過ごせる場合は、たしかにたっぷりお水を確保するには非常にいいものですね。

ガスが止まった場合に備える。
  1. ガスコンロ(簡易なものがあるとより良い)
  2. ガスコンロ用電池
  3. 固形燃料
  4. チャッカマン(マッチ・ライター)
停電した時に備える。
  1. 懐中電灯
  2. ローソク(ローソク台もあると安全)
  3. チャッカマン(マッチ・ライター)

3:家屋倒壊や火災に備える品物。

http://www.flickr.com/photos/21337342@N00/2055608272
photo by dollie_mixtures

意外に忘れがちなのが、この家屋倒壊や火災に対する準備です。初期消火に備えたり、避難所までの経路を確保するための備えも考えておきましょう。

地震直後の火災への備え
  1. 風呂の水の汲み置き
  2. 消火器
  3. 消火用バケツ

自分の部屋のどこに消火器があるのか、きちんと把握しておくことも大切です。私は料理中の火災に備えて、キッチンに1つ置いてあります。

避難時・救出時の備え
  1. スコップ
  2. のこぎり
  3. ハンマー
  4. バール
  5. 防水シート

被災直後に家の中がどんな状態になるかによって異なりますが、何かを掘り出す際や避難路を切り開くのに工具は重要ですね。

持ち物以外にも、家の中の地震対策を。

http://www.flickr.com/photos/86039650@N00/5312324021
photo by Gary Bridgman

今回は持ち物に焦点を当てて、地震対策について書いてきました。これで持ち物は万全かと思いますが、他にも準備することはたくさんあります。

家の中の家具の転倒防止をしたり、ガラスが飛散しないような工夫をしたりすれば、家の中の安全は一層高まるでしょう。日本は地震発生の頻度が高い国なので、いつ地震が起こっても、落ち着いて対処できるようにしておきたいですね。

以上、「いつ起きるかわからない地震対策まとめ」でした。事が起きる前に、万全の対策をとって、大切な人を守れるようにしておいて下さいね。