読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スラっとLife

スラっと愉しい人生を送るための、最新ニュースや口コミ、話題のアイテムをご紹介するブログです。

「うわっ!肌カサカサ!」の一言に愕然!乾燥肌のメイク方法は、下地とメイク直しが肝?

美容

http://www.flickr.com/photos/123012464@N05/14310097347
*1

今日は愚痴というか、嘆きです。たまには女らしくしなくちゃと思って、丁寧に化粧をした結果、男友達に「肌カッサカサだよ?ちょっと化粧厚い?」と言われてしまいました。見てみると口の周りが粉っぽくなっていて化粧崩れしていた模様。普段のパウダーファンデーションはあまり崩れることがないので、対処に困ってしまいました。

ベースメイクが丁寧=化粧に気合が入りすぎなのかも。

http://www.flickr.com/photos/8630297@N04/3322653609
photo by Eire Sarah

今日はカバー力強めのファンデーションを使って、気合入れて化粧したのがそもそもの間違いだったのかも。数ヶ月に1度はメイク教室に通っていた時期もあり、普通にお化粧できるようになった気でいたのですが、途端に自信喪失。でも、しょげてても仕方ないので、今日やった化粧をおさらいしてみます。

ダメ出しされた化粧の工程を書き出してみる。

まず今日の化粧の工程を書いてみます。私は基本的に敏感乾燥肌なので、いつも化粧水・乳液・オイルは必ずつけるようにしています。

  1. 化粧水を3滴×3回、顔を叩きながらつける。
  2. 乳液を薄く塗る。
  3. 薄ーくココナッツオイルを塗る。
  4. 数分オイルが馴染むまで数分置く。
  5. オイルが馴染んできたら、化粧下地を塗る。
  6. クリニークのリキッドファンデーションを指でパッティング。
  7. クリニークのフェイスパウダーを軽くつける。

ここまでがベースメイク(顔全体)のお化粧。あとはアイメイク、チークなどして完成。ちなみに、化粧水のつけ方は、メイク教室で習った方法。数回に分けて塗り込んでく方法を実践しています。また、化粧下地からお粉までの工程はクリニークの方に教えて貰った方法を行っているのですが、今日1つサボったことといえば「スポンジを使う」ことをせず、指でパッティングしていたこと。

乾燥肌はファンデーションをのばすといけないと言われたので、パッティングしました。しかし、スポンジを使わなかったので、余分なファンデーションが厚塗りに見えた原因かも。さらに、ココナッツオイルの油分とリキッドファンデが合わなかった可能性も考えられます。次回は「スポンジ使用+オイルなし」でリキッドファンデーションを使ってみたいと思います。

乳液を使って、化粧直しをすればよかった?

スキンケア大学というサイトに、乳液で化粧直しをする方法が掲載されていました。普段はあまり化粧直しすることがない(笑)ので、女子力高い人はこんなことしてるのかと驚愕。今度崩れたらやってみようと思います。

乳液を使うお化粧直し方法
手順(1)乳液を少量、乾燥による化粧崩れの気になる部分にのみつけます。
手順(2)軽く拭き取り、フェイスパウダーかパウダーファンデーションをつけ終了

これからはリキッドファンデーションから、パウダーファンデーションに変更。

http://www.flickr.com/photos/38582698@N04/5457867024
photo by Mad Tofu

今日は「ちょっと気合を入れよう!」と思った結果、カバー力が強めのリキッドファンデーションを使って失敗。化粧直しをする手間などを考えると、普段はパウダーファンデーションで十分だなという結論になりました。これだとポイントメイクでシミをカバーして、その上からパウダーファンデ乗せるだけでOKなので楽だし。気合入れなくても、お化粧してて自然な肌感出せるので、これでいいかなと反省。

その時の肌状態に合わせたメイクを学ぶのも重要かも。

http://www.flickr.com/photos/63601872@N00/5202168667
photo by heyitsgarrett

もう何年も(下手すると10年くらい)悩んでいるファンデーションの問題。どうにかしたいけど、どこの会社のファンデーションつけても化粧が浮いてしまう問題はどうにかならないかと考えあぐねています。今はまだシミが少ない方なので、パウダーファンデーションでも問題ないのですが、これからシミがもっと増えてきた場合に備えて、私に合うカバー力の高いリキッドファンデを見つけておきたいところ。

今度は乳液を使った化粧直し法を実践してみようかと思います。もうこの際、出先で完全にメイクを落とす覚悟で1度やってみると良いのかも。加えて、今の肌を維持できるように、基礎化粧を大切にしていかないとなぁ。「今日の肌、カサカサだね!」の一言で、ここまでメイクについて深く考えることになろうとは思ってなかったので、心から友達に感謝です。

自分に合うファンデを見つけるために、メイクレッスンにまた通ってみようかと思います。季節ごとでお肌の状態がかなり異なるので、こまめに学びに行かないとダメだなと実感。ちなみに、いつもメイクレッスンを受けているのは「アトリエはるか」さん。店舗にもよるかと思うのですが、1回単発でのメイクレッスンの他に、全5回のパーソナルメイクレッスンもあります。

ネットで書かれているメイクに関する情報って様々。メイク教室に行っても言われることは十人十色。なので、自分の肌に合うメイクは自分で見つけるしかないんですよね。メイクレッスンは、その手助けをしてもらえるチャンスを得られるので助かります。これから冬本番になる前に、自分のお肌に合ったメイクを見つけていきたいと思います。以上、「今日は肌カサカサだね!私の化粧の仕方はそんなにダメなのでしょうか。」でした。