スラっとLife

スラっと愉しい人生を送るための、最新ニュースや口コミ、話題のアイテムをご紹介するブログです。

稀発月経(きはつげっけい)の悩み。原因・排卵・改善治療法・漢方など気になっていることをまとめました。

http://www.flickr.com/photos/20107051@N05/5486081221
photo by vetilden

ブライダルチェックを終えたので、のんびりとではありますが、後悔のないようにしっかり準備していこうと思います。私が最も心配なのは、自分の生理周期。毎回50日以上あいています。

最近では基礎体温を管理するスマホアプリが多く出ているので、それらを使っていると、自然と自分の生理周期が正常ではないことに気がつきます。今回はそんな長期間、生理が来ない時の対処法など、気になる情報をまとめてみました。*1

注意:これは個人的に稀発月経に関する情報をまとめているだけのメモですので、具体的な改善策など医療的見地から述べているものではありません。ご了承ください。)

稀発月経(きはつげっけい)とは?

稀発月経の読み方は「きはつげっけい」と読みます。この稀発月経は、コトバンクによると、

月経の第1日目から、つぎの月経が開始する前日までの期間が、39日以上90日未満の場合を、稀発月経といいます。

とのこと。この定義に当てはめると、私は稀発月経に分類されます。

稀発月経は排卵していないのか?

私が最も気になっているのは、ここ。生理用品でおなじみの花王や複数の婦人科サイトを見てみたのですが、

排卵するために長い日数がかかっていることが推定されます。あるいは排卵を伴っていない出血(無排卵性出血)のこともあります。
(引用元:不妊症の治療方法:排卵障害の治療(排卵誘発法) |銀座レディースクリニック)

上記のような見解が多く見られました。排卵しているかどうかについては「予想される」といったような曖昧な文言が散見されたので、個体差が大きい部分のようですね。婦人科での検査でご自身の原因を追求する必要がありそうです。

原因は?

先ほどのコトバンクを読み進めていくと、

原因は、視床下部(ししょうかぶ)や下垂体(かすいたい)に異常があって排卵(はいらん)がない無排卵周期症(むはいらんしゅうきしょう)(基礎体温で高温相がないもの)の場合と、排卵はあっても時間がかかる排卵性の場合があります。

(引用元:稀発月経(きはつげっけい)とは - コトバンク

ということでした。より具体的な原因については、

代表的な原因は以下のとおりです。
・炎症や外傷
・早発閉経
・ゴナドトロピン抵抗性卵巣
・多嚢胞性卵巣症候群
・下垂体機能不全、機能低下
・下垂体腫瘍
・視床下部機能障害
・神経性の食欲不振
・薬剤の影響
・心因性
・全身疾患や内分泌疾患の影響

(引用元:稀発月経の症状・原因・治療【Doctors Me】

との記載があるサイトもありました。ここまで多いと、やっぱり病院で自分がどれにあたるのか検査してもらうしかなさそうです。高温相があるかないかについては、基礎体温の結果からすぐにわかるものなので、とにもかくにも基礎体温ですね。

様々な事情から、心理的に基礎体温をつけられずにいた私。これからは前に進んでいかないといけないので、つらくても頑張って基礎体温をつけていこうと思います。

改善方法は?

稀発月経の改善方法としては、

稀発月経の治療は、必要である場合と必要ない場合とがあります。この差は、排卵が認められるかどうかです。
  
排卵があり妊娠も可能な場合には、生まれもった性中枢周期が一般より長いというだけですから、特別な治療は不要です。排卵がない場合には治療の必要性が出てきますが、このときも患者自身が何を目標とするかによって治療法は変わります。

(引用元:稀発月経の症状・原因・治療【Doctors Me】

とのこと。私の場合、4年ほど前までは30日間隔で生理があったので、「生まれもった性中枢周期が一般より長い」にあてはまるのかどうか不明瞭なところです。

漢方治療について

漢方については、下記の記事を見つけました。

これは東洋医学に明るい婦人科で処方してもらうしかないと思うので、漢方での治療を希望する場合は、受診するサイトや電話で、漢方治療を行っているか確認する必要がありそうです。

将来、後悔しないために、早めの行動。

http://www.flickr.com/photos/59263275@N08/5584767402
photo by loudista

早め早めの行動をすることで、将来の後悔が少なくなると思っているので、次回病院に風疹抗体の結果を聞きに行った時に相談してみようと思います。

以上「稀発月経(きはつげっけい)の悩み。原因・排卵・改善治療法・漢方など気になっていることをまとめました。」でした。

関連記事

setsuyaku-life.hatenablog.jp

ブライダルチェック、受けてよかったと思っています。特に風疹抗体やクラミジア検査などは、妊娠に大きく関わってくるので、今まで婦人科をあまり受診してこなかったという方は是非検討してみてくださいね。

*1:注意:これは個人的に稀発月経に関する情報をまとめているだけのメモですので、具体的な改善策など医療的見地から述べているものではありません。ご了承ください。