読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スラっとLife

スラっと愉しい人生を送るための、最新ニュースや口コミ、話題のアイテムをご紹介するブログです。

知ったかぶりをやめれば、人生は豊かになる!あなたのその見栄っ張り、人間関係を悪くしていく一方ですよ。

http://www.flickr.com/photos/52902669@N05/6076116934
photo by charliebarker

本当は知らないのに、あたかも知っているかの様に話を進めてしまう、 知ったかぶり。無意識で知ったかぶりしてしまう人もいるようですが、そんな人は要注意!
実はその知ったかぶり、周りからバレているって知ってました?

なぜ知ったかぶりをしてしまうのか。

知ったかぶりをしてしまう背景には、どのような心理が働いているのでしょうか。

愛媛県松山市駅にある心療内科「三番町メンタルクリニック」のブログには、以下の様に書いてあります。

質問するのが恥ずかしい、話が合うように見られたい、何でも知ってるように見られたい...根底には相手に嫌われたくないという気持ちがあるようです。*1

なるほど。今までの生い立ちが大きく関係していそうですが、「嫌われたくない」という気持ちが、知ったかぶりを引き起こしてしまうんですね。

知ったかぶりは、自ら友人関係をこじらせてしまうかも。

「知ったかぶり 友人」などで検索してみると、知ったかぶりをする友人に困っているといった相談が多数見つかります。この中でよく見るのが、「知ったかぶりをされることで、自尊心が傷つけられた。」「一緒にいるのが苦痛。」という意見です。

つまり、知ったかぶりをしている人は、自分の身を守ろうとしているだけなのに、気付かぬうちに、相手の気持ちや自尊心をへし折ってしまっているようです。そして、自分のみを守ろうとする気持ちが行き過ぎると、相手を言い負かすことに執着したり、周りの意見を全否定して自分の優位をどうにか保とうとしてしまう事態に発展してしまう様です。

「知ったかぶり症候群」から抜け出すメリットは?

http://www.flickr.com/photos/72746018@N00/2738451853
photo by dalbera

ビジネスの現場で、多少のビジネストークとして知ったかぶりをしなくてはいけない場面もあるかと思いますが、出来るだけ「知らないことは知らない」と言えるようにしておいた方が、お得だと思います。知ったかぶりをしないメリットは、相手の株を上げつつ、情報も手にする事が出来る。ということ。

持ち上げられて悪い気のする人は少数だと思います。相手の気分を良くした上で、調べる手間なく、自分の知識を増やす事なんて、一石二鳥です。さらに、知らない事が経験できるような事であれば、「直接経験してみたいので、今度連れてって下さいよ。」なんて言って、相手と親しくなる事も出来ます。

最初は馬鹿にされるのではないか?と不安かもしれませんが、知らないことを知らないと言える勇気あなたを磨き輝かせるはず。少しずつで良いので、実践して行ってみて下さいね。